落札後のチェックポイント

インターネットオークションでは、落札する前に出品者の身元を確認する方法というのはありません。どの地域から出品するのかということについては書かれている場合がありますが、出品者の住所が書かれているということは、出品者がリサイクルショップなどの場合を除き、まずありません。
ただ、落札すると出品者から連絡が来て、そこに出品者の詳しい連絡先が書かれているというのがほとんどです。しかし、例外的に、落札後も出品者が連絡先を明かさないという場合もあります。理由としては、出品者が自分のプライバシーを守りたいということがほとんどです。なぜそこまで隠そうとするのかというと、たとえば、以前、落札者とトラブルを起こして、落札者からクレームを受けたという経験を持つといった理由が考えられます。
ただ、落札者からすれば、出品者の連絡先がわからないまま、お金を払うのは不安です。では、こういう場合はどうすればいいのかというと、たとえば、取引方法として代金引換を提案するというのが一つの手です。そうすれば、実際に商品を受け取った時点でお金を払うということになるので、先にお金だけ払って商品が送られてこないというトラブルを防ぐことが出来ます。