内容証明とは

内容証明とは、日本郵便が行っているサービスのひとつで、いつ、どんな内容の文書を誰が、誰に宛てて出したのかを証明するものです。
相手に手紙を送っただけでは、届いているのか読んでいるのかの証明が難しいため、将来、送った手紙について問題が発生したときに困らないよう、その手紙の内容文を差出人と郵便局がそれぞれ保管し、郵便局がいつ、誰に宛てて配達したかを証明してくれます。
取り扱っている郵便局の窓口に内容文書(文字数が決まっている)、その謄本2通(つまり同じものが全部で3通必要)差出人および受取人の住所氏名を記載した封筒、内容証明の加算料金を含む郵便料金を提出すれば受けられます。
内容証明は書留扱いで直接本人に配達されるため、郵便局員が配達日時をきちんと記録し、この記録も公的認証となるため、証拠に値します。
内容証明の意味としては、契約の解除、債権の放棄、時効の中断など、法的な効果が発生するような、重要な証拠を残すときや、売買代金、滞納した家賃、損害賠償などの請求のための心理的圧力、債権譲渡の通知など確定した日付が欲しいなどの効果が得られます。いずれも、その内容が正しいのかどうなのかの判断をすることはなく、法的な強制力があるものでもなく、文書の内容を証明するものになります。