内容証明郵便の送り方

内容証明は、「いつ、どんな内容の文書を誰から誰宛てに出したか」を日本郵便株式会社が、謄本によって証明する制度です。裁判では、取消や請求の通知を行ったことは重要な事実で、通知をしたことの証拠が必要ですが、謄本があれば証拠になります。
送り方のポイントを知っておきましょう。
差し出すことのできる郵便局は決まっており、集配郵便局と支社が指定した郵便局ですので、差し出せるかどうかを事前に確認しておきましょう。郵便窓口に、送付したい文書、謄本2通、差出人と受取人の住所・氏名を記載した封筒、料金を提出します。文書や謄本は、用紙の大きさや記載方法は問いませんので、専用用紙を利用する必要はなく、謄本はコピーで作成してもかまいません。ただし、謄本は、字数や行数に制限があり、記号については、それぞれ字数の計算が異なりますので、事前に利用条件をよく読んで、制限内に収まるようにします。訂正の仕方にも決まりがありますので、これに従います。この制限は謄本に関するもので、内容文書についての制限ではありません。
差出人は、5年以内なら、差出郵便局に保存されている謄本の閲覧ができ、謄本を出して再度証明を受けることもできます。