警察にも被害届を

インターネットオークションサイトでは、詐欺被害に遭ってしまった利用者に対して、補償を適用することがありますが、どんなケースでも補償金を払うというわけではなく、一定の条件をクリアしている場合にのみ支払いを行います。そのため、被害を受けたのに、条件をクリア出来ないため補償金を得られないというケースも出てきます。そういう場合、被害金額がわずかであればあきらめるという選択肢もありますが、金額が多い場合は警察に被害届を出した方がいいでしょう。
被害届を出す場合、誰が見てもわかるように被害の状況を説明出来るようにしておく必要があります。というのは、最近ではインターネット犯罪に詳しい警官も増えてきましたが、全員詳しいというわけではないからです。
では、どのような証拠を用意すればいいかというと、まず取引状況の説明が可能になるものを印刷しましょう。たとえば、落札者として被害を受けた場合は、オークションのページ、落札後のメッセージのやりとりなどです。お金を支払ったということを証明するために、振込の証明書も用意しておくといいでしょう。
また、相手の名前や住所がわかっている場合は、当然、それも文書化しておくといいでしょう。